スヴェンソンについて

スヴェンソンの技術

ドイツの伝統が息づく、確かな技術力と信頼

素材から髪1本1本の質感、色の配合など、すべて独自の技術とこだわりがある。
ニューヘアは、熟練職人の確かな技術により、ひとりひとりのオーダー内容に合わせて手作りで仕上げられていく。
写真は製作の様子

医療や工業製品など先端分野で世界をリードしてきたドイツは毛髪研究の分野でも先進国。パーマやヘアダイ(染毛)もドイツが発祥地ということは意外に知られておりません。
スヴェンソンの毛髪製品(ニューヘア)製造を主に手がけるドイツ直営工場は、毛髪加工の分野で世界的な技術レベルを誇ります。
同社最高顧問であるグスタフ・カーリン氏は、世界屈指の毛髪鑑識者であると同時に毛髪加工技術の権威として活躍してきた毛髪業界の第一人者です。
受け継がれた伝統技術を守りながら、常に新しい毛髪技術の追求と工夫を重ねて生み出される製品。
私たちは、ドイツで培われた高度な技術と信頼、かたくなまでに”品質”にこだわるマイスター精神を受け継いで、「美と健康」に対する皆様の”強い思い”の実現のためにひとり一人ご満足いただけるウィッグを、心を込めて創り続けて参ります。


カーリン インターナショナル
ハールファブリーク
ゲーエムベーハー(ドイツ工場)


※ヘアウィービング専用の”ニューヘア”以外のウィッグは、中国の技術提携工場で当社の指導に沿って生産を行っています。

高度に安定した技術は、徹底した研修システムから。 単に隠すためのものから、美しさの演出アイテムへと役割を広げるウィッグは、更なるお客様のニーズにお応えするために進化を続けています。製品開発の背景、新たな取組みと、それに伴う技術の向上など、進化するウィッグの情報をスタッフ全員が共有するために徹底した研修を実施。高度に安定した技術とサービスをお届しています。